第23回 日本子ども健康科学会学術大会
(子どもの心・体と環境を考える会)

23rd Annual Meeting of
Japan Society of Health Science for Children
2021年12月11日(土)~12日(日)


開 催 概 要


  ←スマホからはこちら(QRコード)

第23回日本子ども健康科学会学術大会
メインテーマ
「生きる力・つながる力」


開催概要

1.学会の名称 第23回 日本子ども健康科学会学術大会
2.テーマ  生きる力・つながる力
3.大会長  浅野みどり(名古屋大学大学院 総合保健学専攻 教授)
  副大会長 伊藤 浩明(あいち小児保健医療総合センター センター長)
4.共催 日本小児臨床アレルギー学会
5.開催日 メイン日程: 2021年(令和3年)12月11日(土)13:00~12日(日)9時~16時30分
6.開催形態 名古屋大学大幸キャンパス&Webとのハイブリッド開催 (双方向リアル配信および オンデマンド配信)
  • 12/11(土)双方向リアル配信(Zoom)
  • 12/12(日)現地参加および双方向リアル配信(Zoom)
  • 12月15日(水)~12月末日 オンデマンド配信期間

「リーフレット」

学術大会開催における新型コロナ感染防止対策

新型コロナウイルス感染防止対策について
本学術大会運営委員 では、感染拡大の防止に細心の注意を払い、対策を実施して参ります。参加者の方は以下の「学術大会参加における新型コロナ感染防止対策」をご覧の上、手洗いやマスクのご準備など、感染防止対策へのご理解とご協力をお願いします。


プログラム

おもなプログラム内容
12月11日(土)午後 ~ 12月12日(日)
(1)特別講演
(2)シンポジウム 2企画(①きょうだい支援 ②学習支援)
(3)教育講演 2企画
(4)ワークショップ:子どもに振り回されない技術

【特別講演】
  • 「Withコロナにおける子どもと家族の健康支援~健康上の配慮が必要な子どもと家族を中心に~(仮)」
    演者: 田村 恵美 氏 (小児看護専門看護師)
    埼玉県立小児医療センター移植センター移植支援室 兼 小児がんゲノム情報室
    座長: 浅野みどり(名古屋大学大学院医学系研究科総合保健学専攻 教授)

【理事会企画研修会WS】
  • 理事・研修委員長 奥田 健次 氏
    ワークショップ:子どもに振り回されない技術

【シンポジウム】
  • シンポジウムA「学びの場がもつ力を考える~入院・治療に臨む子どもへの学習支援」
    シンポジスト:CLS 牧田夏美さん ほか4名
  • シンポジウムB「つながりを大切にしたきょうだい支援」
    シンポジスト:医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 小児科部長 一般社団法人Yukuri-te代表理事 湯浅 正太 氏 
    NPO法人しぶたね 理事長 清田 悠代 氏 他3名

【教育講演】
  • 教育講演Ⅰあいち小児総合保健医療センター センター長 伊藤 浩明 氏
    食物アレルギーの治療とケア 最前線!
  • 教育講演 Ⅱ名古屋市立大学芸術工学研究科 教授 鈴木 賢一 氏
    子どもにやさしい療養環境:ヘルスケアとアート
  • オンデマンド配信12月15日(水)~12月末日 オンデマンド配信期間

【オンデマンド配信】
  • オンデマンド配信期間(2日間分):12月15日(水)~12月末日


事前参加申込期間

【参加費】

【事前参加申込期間】2021年 9月14日(火)~12月15日(水)

現地参加または双方向リアル配信(Zoom)参加とオンデマンド配信では締切日が異なります。

  • 現地参加または双方向リアル配信(Zoom):11月30日(火)締切
  • オンデマンド配信のみ:12月15日(水)締切


演題募集&期間

2021年7月15日~9月30日

●演題募集の詳細につきましてはこちらをご参照ください。

●演題を発表する場合、発表者は必ず事前参加申し込みをしてください。

ご協賛企業向け


ご協賛企業向け 展示・広告掲載 募集要項





第23回 日本子ども健康科学会学術大会事務局

〒461-8673 
名古屋市東区大幸南1-1-20
名古屋大学大学院医学系研究科内
事務局長 新家一輝
メール confe23@jshschild.jp

運営事務局 認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク
Copyright (C) 2021-2022 JSHSC 23rd All Rights Reserved.